「運命思考って強み?」と、疑問のあなたへ

こんにちは!個性輝く働き方提案コーチのよしおかです。

「運命思考」という言葉を聞いて、どんな資質かイメージできますか?
私は運命思考の資質が5番目にあります。この「運命思考」、上位にない人には捉えどころのない不思議な資質のようです。
また、運命思考を上位に持つ人も何が運命思考の強みになのか、わからないという声をよく聞きます。
それはこの運命思考がとても感覚的な要素を含む思考資質だからです。
今日は捉えどころのない運命思考の物事の捉え方と強み使いについて紹介したいと思います。

運命思考ってどんな資質?

運命思考を上位に持つ人たちは、自分は大きな存在の一部であり、宇宙の中のすべての人と物と根底でつながっている感覚を持っています。
その感覚がベースにあるがゆえに、起きる出来事に、何か関連性があり、意味があると考えます。

強みづかいになるとき「人を助ける」

例えば、阪神大震災や東日本大震災のような大きな災害が起きた時、資質によってどのように強みを発揮すると思いますか?
共感性なら心を痛めている人の気持ちに寄り添い、一緒に泣いてあげたりするかもしれません。
適応性なら今起きてる事柄や人々の変化に柔軟に対応していくでしょう。
運命思考なら、この出来事は私達に何を教えようとしているのか…、今この出来事が起こる意味とは…と考え、目の前の事柄に捕らわれず、物事のつながりや意味を大局的に捉えようとします。
一見、何もしていないように見える運命思考の強みづかいですが、人に伝えなくても、冷静に事柄を大局的に捉えて自分自身の頭の整理と心のバランスを保ちながら次の行動に移っていくその姿は、目の前のことに忙殺されている人に安らぎと信頼を与えます。
さらに、コミュニケーションの資質を併せ持つ人は、その視点をわかりやすく人に伝えることができるでしょう。
ポジティブの資質を併せ持つ人なら、出来事を受け入れながら前向きに展開する捉え方をするでしょう。
つまり、運命思考は内省的な捉え方で、体現しなくても強みづかいになる資質であり、他の資質との組み合わせで人に影響を与える事が出来るのです。

強みづかいになるとき「自分を動かす」

もう一つ運命思考が行動を起こすスイッチになる例を紹介しましょう。
何か初めての物事をスタートさせるとき、それが新しい挑戦や失敗できないことだとおじけづくことありますよね。
そんなとき、運命思考が「えいやっ!!」と背中を押してくれることがあります。
「ここまで準備したんだからあとは運を天に任せる!」「上手くいかなくてもこれも人生に必要な経験だったんだ」
そう考えて行動が起こせるのです。
そして行動を起こして失敗しちゃった時でも、「これも運命!」と最終的には受け入れられるのが運命思考のいいところです。

運命思考を上位に持つ人へ

運命思考ってどんな資質か伝わりましたか? そんな風に使ってる事ありませんか?
どんな時も大局的に物事を捉えられる特性を意識して、どんどん活かしましょう!
体験エピソードがあったらコメントくださいね。

今日もあなたらしいストレングスライフを(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です