親密性が苦しむ…、別れの季節に向けてできること

こんにちは!個性化輝く働き方提案コーチのよしおかです。

私は2010年に初めてストレングスのテストを受けた際、5番目に「親密性」の資質がでました。

この資質は「他者との近しく親密な関係性を大切にする」才能です。

これから年度末に向け、「別れの季節」がやってきます。別れを経て大きく環境が変わるという人もいると思います。

「近しく親密な関係性」を大切にする親密性を上位に持っている人にとっては、別れは非常につらい出来事です。今日は、親密性が高い人が別れの季節に向けてできることをお話したいと思います。

親密性の私が46年住んだ土地から引っ越すことになった

私は生まれも育ちも群馬県、46年間過ごしました。

大切な家族も、友人も、学校も、思い出の場所も、「親密性」が喜ぶすべてのものが群馬にありました。

2013年に夫の転勤で神戸に引っ越すことが決まりました。そしてその時にはもう、二度と群馬に戻ってくることはないだろうとわかっていました。

・・・・つらい!!!なんてつらいんだ!!!

自分の心にべったりと張り付いている、たくさんの愛しい思い出や、拠り所となっているもの、それを引っ越しによって無理やり引っぺがされる、そんな心境です。

無理やり引っぺがすと、そこには傷がついて、血が流れます。親密性ってそういう資質なのです。私の中の親密性が騒いで、とても悲しんでいたのを覚えています。

しかし、この悲しさや辛さを抱えたままでは、自分がとても苦しんで群馬を去らないといけないことがわかっていました。そこで私は親密性が苦しむことのないよう、「儀式」をすることにしました。

親密性のために私がしたこと

 

お別れをする

 

「さよならの儀式」と名付けて、私は1か月近くかけて思い出の土地や親しい友人すべてにお別れの挨拶をして周りました。

まずは、小学校の遠足で行った榛名神社、大人になってからは毎年境内で開催されるジャズのライブを楽しみにしていました。

赤城自然園へもお別れの挨拶にいきました。豊かな自然を感じることのできる自然園で、夫とよく出かけた場所です。私にとってとても癒される場所でした。

また、桐生市は群馬で一番好きな街でした。その昔、織物で栄えた風情が残る桐生市へお別れのための観光にも行きました。

そして、親しくしていた仕事関係の人、友人全員にあって挨拶をして、自分の中で悔いの残らないように、しっかりと言葉にしてお礼や挨拶を伝えました。

引っ越し後はなかなか来れなくなると思い、実家と友人のお墓参りにもいきました。

 

完了させることの大切さ

 

これら「お別れの儀式」は、親密性を納得させるためにも、本当にやってよかったと思っています。

人は本当にやりたいことにエネルギーを注ぐために未完了を完了させるのが重要なのですが、親密性にとって、人との関係性の未完了が残ってしまうと、とても大きな”エネルギー漏れ”が起こってしまいます。

お別れの儀式を通して、思い出を「箱」にしまうこうして、気持ちの区切りをつけることが、次のステージへ進めるようになる鍵となります。

いま新型コロナウイルスの影響で、卒業式や修了式などの中止や時間短縮などが話題になっていますが、親密性にとって、気持ちに区切りをつけるために「お別れ」をすることはとても大切なことですので、式がもし中止となってしまった場合でも、何らかの形で友人や先生に挨拶をされることが、次のステージへ進める鍵となります。

他の資質を使う

私は親密性の他に、「社交性」や「運命思考」の資質を持っていました。

「社交性」

新しい人に出会ってその人の心をつかむという挑戦が大好きで、人との関係性の緊張を破って、つながりをうみだすことから満足感を得る資質です。

「社交性」と「親密性」は反対に作用する資質なので、社交性を優位に使ったことで、私は新天地である神戸への土地や新しい人間関係を集中して楽しむことにしました。

神戸ではまず氏神様の海神社にご挨拶にいったり、神戸の異国情緒ただよう素敵な街並みを楽しんだり、神戸でできた新しい人間関係を心の底から楽しむことにしました!

「運命思考」

あらゆるものはつながっていると感じていて、そのつながりを大切にする。偶然はほとんどなく身の回りに起こる全てのことには何らかの意味があると信じている資質です。

運命思考を使って、「引っ越しすることも運命だったんだ」「この出来事にも意味がある」「距離は離れてしまったとしても、ずっとつながっている」と自然と感じることができました。

運命思考は、ある意味どんな境遇でも受け入れることのできる強い資質でもあるので、この資質は強力に私を支えてくれました。

余談ですが、神戸に引っ越したあと再度ストレングスのテストを受けなおしたところ、5番目にあった親密性の資質は20番目まで落ちていました。

ストレングスの資質は環境や立場が変わったりすると、順位も入れ替わることがあります。

引っ越しや転職、昇進、結婚や出産など環境が変わった時に受けなおしてみるとその時の自分の状況を知るきっかけにもなりますよ。

引っ越し後の親密性はどうなったか

引っ越し後、20番目までおちた私の親密性ですが、昔トップだった資質は自然とまた上がってきます。

神戸での新生活がスムーズにスタートでき、新しい人間関係に親密性を活かせるようになり、おかげで今ではすっかり神戸での生活を楽しめています。また、もちろん離れていたとしても群馬は私にとって大切な場所です。こうして「親密性」が喜ぶ、大切な土地や人間関係が増えたことは、とても喜ばしいことだと思います。

まとめ

今日はお別れのシーズンに向けて、「親密性」の辛さを減らせる方法などをご紹介しました。これから別れや環境の変化を控えている親密性の方々の参考になれば幸いです。

親密性にとってはとても辛い別れの季節がやってきますが、別れのあとにはまた新しい出会いが待っています!

親密性を新生活に意識して使ってみたり、他の資質に活躍してもらって乗り越えたりできるので、ぜひ試してみてくださいね!

今日もあなたらしいストレングスライフを(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です