最強 ?! の“自分トリセツ” ストレングスファインダーとは

最強 ?! の“自分トリセツ” ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーⓇはアメリカに本社を置く、民間の世論調査の先駆けであるギャラップ社が開発した、WEB上で診断できる“才能の傾向性”を測るツールです。

ストレングスファインダーでいうところの“才能”は、『無意識に繰返し現れる思考、感情、行動のパターン』であり、34の資質に分けています。

ストレングスファインダーで自分の才能を知る方法とは

オンライン上で177問の質問に答えると、自分の上位5つの資質が分かります。
(別途、追加料金を払えば34番目まで知ることが出来ます。)
ストレングスファインダーのオンラインテストの申込みはこちらから。

上記サイトでテストを購入してチェックするか、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 」などの本に記載のコードを使ってテストを受けることができます。※コードの再利用は不可のため、古本のコードは使用できません。

なぜ、ストレングスファインダーが「最強 ?! の”自分トリセツ”」なのか

177問の質問の答えて分かる上位5つの資質は、この『無意識に繰返し現れる思考、感情、行動のパターン』の頻出度合いが高くて強い資質になります。

この5つの資質の中には日ごろの言動から自分で認識している資質もあれば、当たり前すぎて気づいていない資質もあります。
この気づいていない資質については本人よりも周りの人の方がよくわかっている場合も多いです。

この34の資質に“よい資質”“悪い資質”はありません。どれも同等でフラットです。
ただ上手く使える“強み使い”ができている時と、上手く使えず周りの人や自分も傷つけてしまう“弱み使い”になってしまう時があります。

たとえば「最上志向」の資質、
上手く使えている時は、「より良く」「もっともっと」を合言葉に最高の状態を目指して頑張ったり、「極める」「磨く」の言葉にピクッと反応し、その道のプロを目指したり…。
けど、周りの人にも最上を求め、「なんで上を目指さないんだ!」「もっと出来るはずだ!」とげきを飛ばしたり、「目指す目標にはまだまだ、ダメな私…」と自分にダメ出しをしたら“弱み使い”になってしまいます。

ギャラップの定義では、“強み”とは
『ポジティブな結果を一貫してほぼ完璧にうみだすこと』です。

凄いことです、一貫してほぼ完璧なんてできるのでしょうか…。
出来ます。“強み使い”を意識していけば、それは可能です。

今、自分はどの資質を使って行動しているのか意識し続け、どんな時に“強み使い”ができているか観察し、“強み使い”を継続して繰り返すのです。

ストレングスファインダーで自分の才能を知り、行動の理由が分かり、それを説明できて、意識して使うことで常に良い結果を生み出すことが出来る…。
だから最強の“自分トリセツ”(※)なのです。

(※)個人的見解によります。

2 件のコメント

  • Facebookからきました。
    今日「自分の、客観的で合理的な取り扱い説明書をもらった気分」とお伝えしたこと、そのままが書いてあり、やっぱりそうだったかと面白く記事を拝見しました。
    次回の企業セミナーが楽しみです。

    • コメントありがとうございます。
      HPを見てから話してくださったのかと思っていました。あめちゃんがストレングスファインダーを私と同じように捉えてくれていたのが嬉しいです!
      次回の集合研修もよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です